今月のお言葉 

 「 7月のお言葉 」

(

( 「実践する、そうすれば楽しさがわかる」

 (ほう)(ほう)はすなわち難思(なんじ)功徳(くどく)()して、よく持者(じしゃ)をして
()出世(しゅっせ)の楽を与えしむ

                       『教王経開題』 

)

(

解説

 

「仏の教えは我々の思いも及ばぬ功徳を持っているので、教えをよく実践する者は必ず楽しみを得ることができる。」とお大師さまはおっしゃっています。

 

 

志をもって、何かを目指すのであれば、まずは実践してみなければなりません。
身も心も打ち込むことで、本当の喜びを得ることができるのです。

 

世の中、いわゆるハウトゥ本やネット情報があふれていますが、いかんせん
知識を得ることに満足してしまいがちです。知識は実践してこそ生きてくるものです。
宝の持ち腐れにならぬよう、実践し、喜びとする。すると、そこから得た新たな知識や技術でもっと高みに向かうことができるでしょう。

 

「いつかいつか」と考えている限り、いつまでたっても実践することができません。
                      自戒を込めて   合掌

 

 

 

)