今月のお言葉 

 「 10のお言葉 」

(

(

 

(もの)興廃(こうはい)は必ず人に()る 
      人の昇沈(しょうちん)(さだ)んで道に()り』

                          空海「続性霊集巻十」

 

 

)

(

解説

 

意味:
物事が(おこ)ったり(すた)れたりするのは、必ずそれを行う人物による。
向上するのも堕落するのもその人の信ずる道の学び方によるのである

 

弘法大師空海さまは、身分にかかわらず誰でも学べる日本初の私立学校「綜藝(しゅげい)(しゅ)智院(ちいん)」をお開きになられました。そのとき建学の根本精神を示すことばとして述べられたものです。
どんな道を選んで学び、進むのか、その為には学ぶ処が必要であり、偏らずに広く学び、大勢の中から師を選んで・学道のためには衣食の資も必要である。以上の四者が具備して初めて事業が完成する。故にこの、処・法・師・資の四つの条件を設けて多くの人々を利益し救済しようと周りにも呼びかけたのです。
「国づくりは人づくり」とも言えましょう。
師(先生)の心得として「三界の衆生はみなわが子」と思い子どもの訓育にあたるべきこととしたそうです。
教育者は教え子を我が子として育て、親は我が子を仏さまからの預かり者として育てることを1200年前のお大師さまに教えていただきました。

 

気候も安定し、学ぶに適した秋となるよう祈りたいものです。 合掌

)